人気ブログランキング | 話題のタグを見る

コペンハーゲン番外編:チボリ公園のバーにて

もう数日経ってしまいましたが、敬老の日でしたね。
それで思い出したのですが、コペンハーゲンの観光エリアでは、
ご年配のグループやカップルをよく見かけました。

ニューハウンのレストランで隣り合わせたのは、
ドイツから来たのよ♪という笑顔がすてきなご夫婦だったし、
チボリ公園では、
若いファミリーと同じくらいたくさんの、お年よりのカップルが、
手をつないで屋外コンサートや、カフェでの語らいを楽しんでいました。
北欧の福祉が充実しているということを、ほんのハジッコながら伺い知ることができましたデス(^^)。

その、チボリ公園のバーでのことです。

まだ時間が早かったので、店内にいたのは私たちと
もう一組の年配のグループの方たちだけで、
白髪のピアニストさんが奏でるピアノの音色が、
そのバーの空気に溶け込むように、心地よく流れていました。

グループの方たちは、体を揺らしてとっても楽しそう。
きっとその年代の流行歌だったのでしょう。

そのうち、Piroが
「あ♪」って急にニコニコ顔。
聴こえてきたのは、ビートルズのナンバーでした。
振り返ると、そのおじいちゃんのピアニストさんも、
私たちのほうを見て、やっぱりニコニコ。
(偶然ですがPiroはビートルズ大*大好き)
コペンハーゲン番外編:チボリ公園のバーにて_e0015195_23414364.jpg

軽快なリズムで、
楽しそうに演奏するピアニストさんと、
ほろ酔いイイ気持ち♪で揺れながら
歌詞を口ずさむPiro(&私)。




静かなバーでの、とてもなごやかなひととき…。
帰りぎわ、私たちがまたピアノの方を見て、手を振ると、
大きく手を振って応えてくれました。

おじいちゃんの、って言うのは申し訳ないのだけれど
しわくちゃの笑顔がとても魅力的なピアニストさんでした。
by pakupaku-studio | 2007-09-20 01:30 | パンダ日記

Webサイト「港北ニュータウンのパンダたち」のこぼれ話をつづっています。Copyright (C) 2003-2018 pakupaku-studio. All rights reserved.


by pakupaku-studio
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る