人気ブログランキング | 話題のタグを見る

青空のマルメ散策

マルメ散策、当初の予定にはなかったのですが、
コペンハーゲンから列車で3~40分で着くことがわかり、
思い立って国境を越えてみました。
青空のマルメ散策_e0015195_125961.jpg

田舎町なのかな…と思っていたら、
実はマルメはスウェーデン第3の都市だったのですね…。
こじんまりとはしていましたが、
街並みはとても洗練されていました。



(レポートは世界紀行に掲載しております(^^))

到着後、まずは、カフェレストランで軽くランチ。
(ちなみに、私がサインドウィッチとコーラ、
Piroがオニオンスープとコーヒー…で、約6000円。
滞在中で一番「北欧の物価高」を実感した日でした(^^;)

このカフェでは、右隣で、ちょ~ハンサムなビジネスマンが、
おしゃれにサラダランチを食べていて、ほれぼれ♪
…Piroは左隣の美しい女性に、心奪われていたようです。
いずれにしても、明らかに浮いていたであろう、ちんちくりんな私たちデシタ。

さて、おなかもいっぱいになり、
町の中心にある広場でベンチに座って、ぼ~っとしていたら、
クールなスウェーデン人?の若者(学生さん?)が、近寄ってきました。
「Can I help you?」

その後も、横断歩道やベンチで、お買物帰り?の女性や、
赤ちゃんを抱いたご夫婦から、
「お城に行くなら、あちらを右に曲がってね」
と、やさしく声をかけていただきました。
さいしょに声をかけられた時は戸惑いましたが、
この町はみなさんがそうなんだと気づいて、心がぽかぽかになりました。
青空のマルメ散策_e0015195_1263246.jpg

Piroと木洩れ日の公園を、のんびり散策…
青空のマルメ散策_e0015195_22375183.jpg


マルメは、静かで、
おだかやな町です。

すてきな出会いに、
感謝・感謝…。
by pakupaku-studio | 2007-09-14 02:00 | パンダ日記

Webサイト「港北ニュータウンのパンダたち」のこぼれ話をつづっています。Copyright (C) 2003-2018 pakupaku-studio. All rights reserved.


by pakupaku-studio
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る