ハマのフレンチ

秋も深まったとある晴れた日に、素敵なレストランでお昼をいただきました。
e0015195_22334456.jpg
でもここ、横浜ではないのです。「ハマの」だけど(笑

福岡の住宅地にあるとっても小さなレストラン。
ネットで見つけて、メモリアルを兼ねて、予約してみたのでした。
e0015195_22341165.jpg
いちばんお安いランチ。前菜とメインを3種類から選んで、
それに熱々のパン、スープ、デザート、コーヒーがつきます。

おいしかったし、何より、切り盛りされているご夫婦が素敵で。

首都圏では、あの雰囲気はだせないかもしれないなぁ。
雑誌にのってにぎやかになり過ぎたり、
採算を考えてもう少し広いとこで人を雇ったり、
味やサービスのキープも難しそうだし、
あんなほどよい感じの路地も、あまりないような気がします。

たとえるなら、映画「かもめ食堂」と、
ドラマ「パンとスープとねこ日和」を足して、
2で割ったのからファンタジーを引いた感じのたたずまい。
(お客さまも若いナチュラル系な人ばかりだったような^^)

小さな洗面所にね、綿棒や爪楊枝が可愛く置いてあったり、
カトラリーの横には小さな白い箸置き、お箸が添えられていたり、
そこかしこに手作り感がにじみ出ていて、
気さくだけど丁寧で、幸せになれる空間でした。

ごちそうさまでした^^

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]
by pakupaku-studio | 2013-11-11 00:00 | パンダ日記

Webサイト「港北ニュータウンのパンダたち」のこぼれ話をつづっています。Copyright (C) 2003-2016 pakupaku-studio. All rights reserved.


by pakupaku-studio
プロフィールを見る
画像一覧