アペリティフの日2013

来年こそは、今年こそは、と願いつつ、
日程の調整やチケットゲットにいたらず、未体験だったアペリティフの日。
今年やっと行くことができました。
(いつもなら、本家サイト掲載のあとにブログ書くのですが
うれしかったので先走って2枚だけ↓)
e0015195_21202320.jpg
アペリティフの日は、フランスではアペロと言われていて、
おつまみのような軽食やお酒と、会話を楽しむイベントです。
英国のアフタヌーンティーのお酒あり版みたいな感じかなあ(←勝手なイメージ)
フランス在住の友人によれば、どこのおうちでも、気軽に「アペロしちゃう」そうです^^

でも日本のそれは、有名レストランの、本格的なお料理がずらり…。
親善大使が横浜市長だったり、米倉涼子さんだったり…。
シェフのサイン本販売まで…(笑

ちなみに、
私たちがいただいた、ビストロタイムAコースの料理は…、

フランス産仔牛とフォアグラのムースカレー風味(提供:カミーユ)
いちぢくフォアグラ(青柳)
貝・パイナップルとジンジャーのジュレ(トロワグロ)
テット ド フォロマージュ ラングスティーヌ(タテル ヨシノ)
牛煮込みのタルト パルマンティエ風(帝国ホテル)
フォアグラのパルフェと野菜のブレッセ(東京ドームホテル)
コクレとセーブ茸のパテ、玉ねぎのチャツネスパイス味(京王プラザホテル)
二色のマカロン

…名前から味が連想できない(笑
お野菜メイン、盛り付けもきれいで、もちろんおいしく、
とても勉強になりました。

要領がつかめなくて、ワインをあまり飲めなかったのですが、
いろんな種類のボトルがならんでいたので、
来年は足腰と胃腸を鍛えて臨みたいと思います。

当日の様子は、きっとSlackeyさんが
わかりやすく楽しいレポを書いてくださるはず…(他力本願w

とりあえず。。
体力があれば、とっても楽しめるイベントです。
一緒に参加したおふたりと、優しいスタッフさんのおかげで、
おへまな私も、満喫することができました^^
e0015195_22421521.jpg
夜遅くまで働きづめの日本人には、縁遠い習慣ではあるので、
週末含めて1週間くらい開催したり、座る場所をふやしたり、
もっとだれもが気軽に楽しめるように進化することを願います^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by pakupaku-studio | 2013-06-07 00:00 | パンダ日記

Webサイト「港北ニュータウンのパンダたち」のこぼれ話をつづっています。Copyright (C) 2003-2016 pakupaku-studio. All rights reserved.


by pakupaku-studio
プロフィールを見る
画像一覧