ロンドンはおいしい

女子が喜ぶお土産、第二弾の前に、食事のこと。

ロンドンの食生活は、思いがけず(でもなく、想定通り)充実しておりました。
近くのショッピングモール(ららぽーとの10倍はありそうな規模です)で食べたアジア料理やイタリアン、
翌朝のホテルの朝ごはんの、焼き立てクロワッサン(ぱりぱり、ふかふか)。

そしてLEWESでのランチ~♪e0015195_1464949.jpg

Piroが選んだおさかなのパイ、というかグラタン…たっぷり入って12£くらいでした。

e0015195_140486.jpgAoiはこの、ミントのリゾット。
新緑のような黄緑色です。写真よりもっと明るい透明感のある緑から、ミントの爽やかな香りがたちこめ、ひとくち口に入れると、トッピングのブルーチーズの塩気が絶妙。
うちで再現してみたくなる一皿です。
(たしか9£くらい)

前回渡英の際も、中華やインド料理等々どれもおいしかったし、「イギリスはそんなにまずくないよ」と半分思って帰ったものですが(半分、というのは、郊外がですね。。。)
今回も、美味しいものに出逢えてラッキーでした。
(現地に住んでいるかたのアドバイス、ほんとありがたいです)

そして、こちらもアドバイスをいただいて予約しておいた、
brumusのアフタヌーンティ。
一度は経験してみたくて、シャンパンのつく、正式なものをいただきました。
e0015195_1421329.jpg
厚みのあるシルバーのテーブルに、ウェッジウッドのティーセットがはえます。
紅茶のおいしさはもちろんですが、あたためられ布に包まれた状態でサーブされるスコーンも、キュウリ&サーモンのサンドウィッチもおいしくて、
e0015195_1432999.jpg

…肝心のプチフールを食べきれなかったのが、とても残念。





やはりこれはともにする相手が…。
久しぶりに会う友人や、現地に長くいる人とだったら、もっとゆっくり過ごせた(残さず食べられた^^;)はず…。

でも、とてもおいしかったので、次もあそこでお茶してみたいです。
観光客も私たちしかおらず、とても落ち着けたし、スタッフも親切で、おすすめですヨ^^
(「オペラ座の怪人」のシアター前にあります)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by pakupaku-studio | 2012-10-22 00:00 | パンダ日記

Webサイト「港北ニュータウンのパンダたち」のこぼれ話をつづっています。Copyright (C) 2003-2016 pakupaku-studio. All rights reserved.


by pakupaku-studio
プロフィールを見る
画像一覧