海とパンダ16:空を追いかけて

秋の空だというのに、真っ青な空に白いクリームみたいな雲が浮かんでいた午後でした。
「空とパンダ」、いつもはうちの近くで撮影しているのですが、今日はいつもと違う場所で撮ってみたくなって、フト公園まででかけてみることに。

駅近くや大通り沿いはマンションが多い港北ニュータウンですが、少し歩くと瀟洒な一戸建てばかりのエリアになります。
「ここは○○流のお家元!?」
「中世のお屋敷?」
と見まごうばかりのおうちが並んでいて、公園への道々
「この門構えすてき♪」
「やっぱオール電化かな♪」
などとウキウキ(すっかり自分も建てるつもりでいる)歩いておりました。

あ、ちょうどいい感じに光が入ってくる小道発見~♪
早速お空にパンダをかざして、ぱちり…♪♪

と、背後に視線を感じて振り返ると、
小学生の男の子が、後ろのおうちの入り口のところで、じーっとこっちを見ています。

(もしかして、不審者と思われたかしら
↑太陽を撮るのでサングラスをかけていた/もちろん帽子もかぶっていた)

(しかし、ここでニコッと笑ったりしたら余計へんかも←ひきつった口角)

じぃぃ~。見つめあいながら、パンダを袋にしまって、その場を去る私…。

(このあたりで事件があったら「僕、へんな人見たよ」って刑事さんに証言されて、冤罪…?
↑頭の中は火曜サスペンス劇場のテーマが鳴っている)

妄想をふくらませながらウチに戻って、写真を確認したら…、
ピンボケでした(涙)。

「こんにちは♪」って言えばよかったなあ…(^^;)。

e0015195_010054.jpg

今日の海は、石廊崎の断崖絶壁、しもやまさんの撮影です。
(火サス!チャッチャッチャ~)
[PR]
by pakupaku-studio | 2005-10-25 00:12 | 海とパンダ

Webサイト「港北ニュータウンのパンダたち」のこぼれ話をつづっています。Copyright (C) 2003-2016 pakupaku-studio. All rights reserved.


by pakupaku-studio
プロフィールを見る
画像一覧